2012年01月20日

シミ対策の食生活

シミができてしまう原因はさまざまですが、食べ物が身体を作るので、やっぱり食生活とも深く結びつくと思います。

紫外線を浴びたり、ダメージを受けても、お肌の新陳代謝が正常に働いていたら、シミの原因にはならずに、排出されていくわけです。

シミ対策に、ビタミンやミネラルは特に大切になっていきます。

ビタミンとかミネラルは自分の身体で作ることはできないので、食べ物から摂るしかないのです。

ミネラルを多く含む食品の代表格はひじき

納豆やかき、大豆、インゲン豆、スルメなどがあげられます。

ビタミンはビタミンA、B1、B2、Cなどたくさんありますねわーい(嬉しい顔)

主に色の濃い、緑黄色野菜と呼ばれるお野菜にたっぷり入っています。

ほうれん草、ニンジン、カボチャ、春菊、小松菜、ニラ、ワカメ、モロヘイヤ、ブロッコリーなどなど。

ビタミンB群に関しては、豚肉や鶏肉、いわし、カツオなどのお魚にも入ってますし、アボガド、ジャガイモにも入ってます、

ただ、食べているだけの食品ではなくて、実は豊富な栄養庫なんですね。自然からの恵みというか…

そして旬の物と言っても最近はハウス栽培などで、いつが旬か分かりにくいですが、お日さまとお月さまと大地の恵みを受けて、自然の営みの中で「今」できる野菜、「今」とれる魚を「今」食べることで、必要な栄養素が自然に摂れるのです。

春は、冬のあいだためた毒素を出すために「苦み」のあるものが旬になります。菜の花、ふきのとう、たらのめ、ウドなどなど
夏は、暑いので、身体を冷やす食べ物が旬です。トマト、キュウリ、スイカなどなど
秋は、これから来る冬を乗り切るために、身体をあたため栄養をためれる物が旬です。サツマイモ、クリ、カボチャなどなど
冬は、寒い冬を乗り切るために、身体を温める食べ物が旬です。大根、白菜、根菜類

と難しく考えずにスーパーで沢山売っていて、安いものを食べるといいですよ。
旬のものは、その時期にたくさんでまわることで、価格も安くなります。
お肌にも良く、お財布にも良く、身体にも良いということで3拍子そろっている「旬」です。

そして、シミ対策として、和食を大事にすると効果的です。
ご飯とお味噌汁、お漬け物など、和食は世界でも「ダイエット食」「自然食」として注目されて久しいですが、シミ対策にも効果的です。

お肌は内蔵のあらわれでもあり、胃や腸や身体の中身が冷えていたり、脂分が多すぎては、お肌の生まれ変わりが上手にできなかったり、ホルモンのバランスが崩れやすくなったり、シミ、ソバカスをためこんでしまうことになります。

和食は脂分が少なくて、かなりバランスのとれた食事と言えます。しみ対策にうってつけです。上手にお味噌やお醤油なども使って和食を実践してみてください。

特に大事なのは朝起きた時です。

朝起きた時に「コーヒー」だけ飲んでいる方はいませんか?
私も実はそうでした。大好きなコーヒーを飲んで、家事をする…けどなんかしんどい。

朝起きた時にお腹に入れるものが本当に大事ということが、この一ヶ月で良く分かりました。
鍼灸師の友人に診察してもらい「まず、朝起きた時のコーヒーをお湯と梅干しに変えてみて」とアドバイスしてもらい、一ヶ月実践したのです。

するとどうでしょう。

身体がラクになってきて、お肌もしっとりしてきて、便通もついでに良くなってきて(毒素がでているらしいです)、本当にいいことづくめだったのですよ。

シミ対策にも絶対効果的だと思います。朝起きてのコーヒーをまずお湯にかえてみてください。
そして、お味噌汁を飲みます。

ご飯を食べてコーヒーを飲んでもOK
でも、私はほしくなくなりましたわーい(嬉しい顔)

シミ対策は、お肌の表面だけではなく、身体の中のケアからも考えていくといいですね。
そして足りない時はサプリメントで補いましょう
posted by ナナ at 16:10| シミ対策の食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。