2012年02月21日

美白のしくみ

美白
と一言で言いますが、どのようなしくみで、
肌が「白く」なっていくのでしょうか?

まず、健康なお肌のしくみを…
健康で若い肌は、約28周期で生まれ変わっていきます。
若い健康な肌では、表皮細胞が生まれてから角質になるまでが14日間、
さらに垢として剥がれ落ちるまでが14日間と言われています。
合計28日間のサイクルで肌は生まれかわっているわけです。(新陳代謝)

肌図

28日周期で生まれ変わってくれている時は、シミもソバカスもほとんどできません。
(強烈な紫外線を浴びたり、病気やホルモンの異常などは別)
メラニンやシミは表皮細胞とともに上へ押し上げられ、やがて垢として排出されます。

生まれたての赤ちゃんや、ずっと外で遊んでいる子供たちの
お肌がつるつる シミソバカスもないのはそのためです。

ところが、加齢などによって新陳代謝が衰えると、
メラニンやシミがなかなか排出されずに皮膚に滞留するようになります。

皮膚に滞留すると角質が固く厚くなり、ますますシミの原因となります。


メラニンやシミをすみやかに排出するためには、とにかく肌の生まれ変わりと活発にすること

1、古い角質をとりのぞく
2、表皮細胞の細胞分裂を活性化させる

がポイントです。

そして、できてしまったメラニン
メラニンは有害な紫外線が肌に直接入らないようにしてくれる優秀なものなのですが…
シミの原因になるにっくきものでもあるわけです。

images-2.jpeg

できてしまったメラニンを薄くする成分
ビタミンCなどの有効成分が、メラニンを分解してくれるので
肌が白くなっていくわけです。

なので

簡単に言うと
「美白」は、
1、お肌の生まれ変わりを正常にして
2、できてしまったメラニンや色素を還元漂白をして
3、紫外線を浴びると、活性酸素が増えて、肌にいろいろな悪さをするので、活性酸素を抑えて

美白になる
というしくみです。(簡単にせつめいしていますが、もっと奥深いものですが…)
もちろん、紫外線をこれ以上あびない
ことは、すべてにつながっていきます。
紫外線を浴びると、活性酸素を増やしてしまうので、その活性酸素は、お肌のはりを失わせたり
コラーゲンを壊してしまいます。

お肌の生まれ変わりを促すために、食べ物も大切ですねハート(トランプ)
美白が有効にお肌に届く、スキンケアについて
次回ご紹介します。
ラベル:美白のしくみ
posted by ナナ at 20:07| 美白のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。